青山秀直 クラリネット奏者

 ベルリン芸術大学卒業。在学中よりドイツにて南西ドイツ放送オーケストラ、ベルリン交響楽団、イェーナー・フィルハーモニーなどの客演奏者を務める。1995年クラリネット四重奏団アンサンブル・ソノリテを結成し、ドイツ各地でコンサートを行う。1996年に帰国後、オーケストラとの共演、NHK-FMへの出演の他、日本各地でリサイタルを開催し、カール・ライスター、ヤン・ギュンスの各氏と共演するなどソリスト・室内楽奏者として活動を繰り広げる。

 1999年クラリネット四重奏団アンサンブル・ソノリテの日本デビューコンサートを開催。2001年、2004年に同アンサンブルのCDをリリース。これまでに日本各地で「クラリネット四重奏団アンサンブル・ソノリテ 名曲コンサート」シリーズを数多く開催。

 

 兵庫芸術文化センター管弦楽団、日本センチュリー交響楽団、大阪交響楽団、群馬交響楽団などの客演奏者を務める。2005年国際クラリネットフェストTAMA東京、2010年台湾International Festivalに出演、2014年台湾国立中山大学International Conference on Wind Instrumentsに招聘される。

 

 2013年より録音活動にも意欲的に取り組み、CD「Hidenao Aoyama Clarinet Fantasy」シリーズでは幅広いレパートリーを収録。

 

 クラリネットを村井祐児、和田尚裕、四戸世紀、ペーター・リークホフ、ヘルナート・フェレンツの各氏に、室内楽をエヴァルト・コッホ氏に師事。

 

 現在、大阪音楽大学、同志社女子大学学芸学部、大阪府立夕陽丘高等学校音楽科、兵庫県立西宮高等学校音楽科で後進の指導に当たる。

0606jissoin_sonorite_073_edited.jpg

Graduated from Berlin University of the Arts. While studying he was a guest musician with the SWR Sinfonieorchester, the Berliner Symphoniker and the Jena Philharmonic Orchestra. In 1995, he formed the clarinet quartet, Ensemble Sonorité and held concerts all over Germany. After returning to Japan in 1996, he performed with orchestras and appeared on NHK-FM as well as holding recitals all over Japan. He also extended his activities as a soloist and a chamber musician playing with Karl Leister and Jan Guns.

The Japanese debut concert of the clarinet quartet Ensemble Sonorité was held in 1999. The Ensemble also released CDs in 2001 and 2004. To date, there has been a series of Clarinet Quartet Ensemble Sonorité Popular Works Concerts all over Japan.

 

He has been a guest musician with the Hyogo Pac Orchestra, the Japan Century Symphony Orchestra, the Osaka Symphony Orchestra and the Gunma Symphony Orchestra. In 2005, he appeared in the International Clarinet Fest TAMA Tokyo and an International Festival in Taiwan in 2010 as well as being invited to the International Conference on Wind Instruments at Taiwan’s National Sun Yat-sen University in 2014.

 

He has been eagerly working on recording activities since 2013 and in the Hidenao Aoyama Clarinet Fantasy CD Series, he has recorded: Brahms’ Clarinet Sonatas, Op. 120, No. 1 & No.2, Schuman’s Three Fantasy Pieces for Clarinet and Piano, Op. 73, Bartok’s Contrasts,  Poulenc’s Clarinet Sonata, and Clarinet Quintets by Mozart and Brahms.

He studied clarinet under Yuji Murai, Seiki Shinohe, Peter Rieckhof and Ferenc Hernad and chamber music under Ewald Koch. He is currently teaching young musicians at Osaka College of Music and Doshisha Women's College of Liberal Arts.

Hidenao Aoyama, Clarinetist